加賀友禅作家「木村 雨山」    麻地友禅瓜模様振袖  『麻地友禅瓜模様振袖』

故、人間国宝「木村 雨山」氏の作品を所有されている方もいらっしゃるでしょうね。

加賀友禅の作家:故、人間国宝だった「木村雨山」氏のこの作品は大好きです。

糊置きを生業としている私の目がまだまだ未熟なのか?

実物を目の当たりにしても、ガラス越しでの展示では、細部が見えないのです・・・

糸目は「あくまでも細く、モチ糊なのかゴム糊なのか判別できないのです。」

「木村雨山」氏が生存していた頃:ゴム糊は存在していたらしい??のです。

そして、当時「上手な糊置き職人が存在していた」のも事実です。

モチ糊とゴム糊の判別ができない理由として考えられるのは、

糸目だけではなく、『麻地友禅瓜模様振袖』の着物そのものが、長い年月で色あせてしまった・・・

としか、考えられないのですが、みなさんはどう思われますか・・?

機会があれば、もう一度見てみたい一点ですね。

そうそう、色の配色についても一言。

加賀友禅の着物は綺麗さだけを求めるため、通常=彩色の際、色がはみ出すことはありません。

色がはみ出した場合、お医者さんで直してもらいます。

ところが、木村 雨山氏の『麻地友禅瓜模様振袖』には、色がはみ出している箇所がいっぱいあるんですよ!

しかし、それらが逆に絵画的なおもしろさとか、絵画的な大胆さや雄大さを醸し出せた一品だと思われます。




■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■