加賀友禅「花嫁のれん」   「「花嫁のれん」の作品

金沢の嫁入り道具の一つに「花嫁のれん」が、あります。

花嫁が嫁ぎ先である、家の最初に入る部屋の障子戸などを開け・・

加賀友禅の一つであるところの「花嫁のれん」を飾ります。

花嫁は、この「花嫁のれん」をくぐることによって「その家の嫁」になることを覚悟するようです。

花嫁のれん  解説  花嫁のれん

金沢の冬は雲に閉ざされる日が多いためか、このように鮮やかな加賀友禅が愛されるのだと思います・・

今も金沢近郊や能登地方に伝わる、日本の文化そのものでしょうね・・・

いつまでも、いつまでも残しておきたい「加賀友禅の普遍の伝統美」ですね。

そして、加賀友禅の着物は、晴れの日が特に似合う装いなのです。

冠婚葬祭には、加賀友禅は絶対に欠かすことの出来ないもの!

加賀五彩と呼ばれる「蘇芳(すおう)、藍、黄土、緑、墨」が基本色ですが、

金沢の古い街並みや旧家に似合うのでしょうね?

■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■