加賀友禅作家「梶山 伸」   「梶山 伸」氏の作品

思わず、プッと吹き出したくなるような、下手な絵、と思われる方 ・・・ も おいでるかも?

加賀友禅の作家:「梶山 伸」 の作品ですが、私の大好きな作品の一つです。

金沢城の石川門と兼六園を描いていますが、遊び心に満ちあふれています。


傾いて倒れるような建物の描き方は、可愛さを実感します。

直線を、そのまま真っ直ぐに表現すると、硬い絵になってしまうんです。

ありのまま表現することも大事でしょうが、優しさ、柔らかさなども必要なんです。

そして、綺麗さは非常に大切です。

でも、加賀友禅の着物となると、綺麗さだけではなく、飽きのこない色使いが要求されます。

■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■☆■